MENUを見るMENUを隠す

工場と技術者紹介

福島工場 第2工場

360° View 第2工場 溶接/仕上げ加工

画像をカーソルや指で動かして360度見渡せます。

溶接組立課 溶接製缶係 係長
氏家 義博(平成18年入社)

溶接組立課では板金加工課から来た鉄、ステンレス、アルミ、銅などの製品を溶接します。当社では半自動溶接、TIG溶接、スポット溶接、ファイバーレーザー溶接などを駆使して溶接加工を行っています。様々な製品を溶接するので最適な溶接方法を検討し、道具を選択しています。筐体製品などの量産品に対応出来るようロボット溶接機も備えていますが、圧倒的に多いのは人のセンスが必要な仕事です。
ステンレスや鉄などの材質はもとより、板厚や溶接長など様々な条件の溶接をこなすことで各自が感覚を磨いていきます。製品にもよりますが一人前になるには、3〜5年かかります。この部門には20代から60代まで幅広い世代のスタッフがいて社内講習などを通して技能継承を図っています。