MENUを見るMENUを隠す

会社概要

社長あいさつ

代表取締役社長 菅野壮一郎

当社は福島県の県北地域にある伊達市保原町と県南地域にある西白河郡泉崎村にて板金加工と盤配線組立加工を主体とし営業しております。

板金加工では、配電盤などの筐体加工や食品機械向けのステンレス部品を中心としながら、鉄以外のステンレスやアルミ、銅などといった様々な材料、精密板金と言われる領域から板厚10mm程度の中板厚を使用した製缶品の領域まで多種多様な製品の加工を行っております。

盤配線組立加工では、お客様の支給部材を基にお客様の仕様に合わせた組立加工、板金事業部と連携した一貫生産など様々加工体制で配電盤や制御盤などを加工しております。

「お客様の立場に立ったもの作り」とモットーに30年以上、お客様のもの作りに関わっております。

当社は私の父である菅野 留治が他社で学んだ板金技術を基に独立創業したのが始まりです。この伊達市の保原町にて父が31歳の時に倉庫と少しの加工機を借りて起業しました。当時、私も生まれて半年程度でしたが母が経理をしていたため、母に背負われ毎日会社に行っていました。毎日、機械とそろばんの音を聞く乳児期を過ごしたようです。その後、別の方に経理として入社していただき、母と私が会社に行く機会は少なくなりました。成長するにつれ、会社とは距離を置くようになっていきましたが、その間もお客様、協力企業様、社員の方々の協力と父の奮闘があり、泉崎工場の設立や新工場の増設など順調に会社は成長してきました。しかしながら、会社が創業30年に差し掛かるころ、父の癌が発覚し、余命も短いことが明らかになりました。当時、明確な後継者もおらず、また、私も会社に在籍しておりませんでしたが、父の跡を継ぐ決心をし私が28歳の時に入社致しました。

父が亡くなり、私が社長となった後もお客様からは変わらぬお取引をいただいております。また、協力企業様、地域の方々、そして社員の方々に支えられ大きな混乱もなく事業を継続出来ております。皆様には厚く感謝申し上げます。

今後も父が生前より掲げていた「お客様の立場に立ったもの作り」を理念とし、お客様の成長に貢献し喜んでいただくためにもの作りの技術を高めていきます。また、地域に根差した町工場として、しっかりとした経営を行い地域の発展に貢献していきます。そのためにも、楽しくもの作りの出来る会社を作り、社員の豊かた人生の創造に貢献していきます。そうして、私達、株式会社新栄製作所が私達に関わる人々に温かな光を届けられる太陽のような存在になっていきたいと思っています。今後とも宜しくお願い申し上げます。

会社概要・アクセス情報

商号
株式会社 新栄製作所
代表者
菅野 壮一郎
創立
昭和60年 9月
資本金
3000万円
社員数
49名

本社

福島県伊達市保原町字早稲田25(保原町工場団地内)

TEL/024-576-2128 FAX/024-576-2501

業務内容
精密板金加工(板金加工、検査、組立)
敷地面積
5,915.3平方メートル
建物床面積
2,844.2平方メートル
倉庫床面積
84.6平方メートル

泉崎工場

福島県西白河郡泉崎村大字太田川字原山31−1(原山工業団地内)

TEL/0248-54-1225 FAX/0248-54-1226

業務内容
電気事業部(制御盤・操作盤・分電盤等の設計、電気配線組立)
敷地面積
2,161平方メートル
建物床面積
393平方メートル