MENUを見るMENUを隠す
製品事例詳細

通信機器用ボックス

展開では、穴部に公差が入っているので塗装膜厚を考慮した寸法でデータを作成しています。
曲げ加工では、深曲げがあり金型を工夫し逃しを作っています。
溶接加工では、スタッドの位置ずれを防ぐためにジグを作製しています。また、曲げ前にスタッド溶接を行うことで安定した加工を実現しています。