MENUを見るMENUを隠す
製品事例詳細

ダクト

他の部品との嵌合があるため、曲げ加工ではつなぎ目に段差が発生しないように曲げ角度の精度出しに注意しています。また、嵌合する製品を同時に加工していくことで、嵌合に狂いが出ないようにしています。